目の下のふくらみを解消するトレーニングのやり方は?

目の下のふくらみをトレーニングで解消

目の下のふくらみが目立つようになり、実年齢よりも年上に見られたりして悩んでいる人は少なくないでしょう。

 

目の下のふくらみの主な原因は加齢による筋肉の衰えです。
目を支えている眼輪筋や顔の皮膚を支える筋肉が衰えたことにより、目の下の皮膚がたるみ、また下に落ちてきた目がクッションの役割を果たしている脂肪を押し出して目の下のふくらみとなります。

 

顔の筋肉もトレーニングで鍛えることができる

この目の下のふくらみを解消する方法のひとつとして、目の下の筋肉を鍛えるトレーニングがあります。

 

目の下のふくらみを解消するトレーニングは場所を選ばずどこにいてもできますし、特別な道具なども必要としません。
鏡で自分の顔を見るたびに、目立つようになった目の下のふくらみを見てため息をついていた方はチャレンジしてみてはどうでしょうか。

 

このトレーニングのよいところは、メイクなどで目の下のふくらみを一時的に隠すのではなく、目の下のふくらみができる原因から解消していくものなので、毎日のメイクが簡単にそして短時間で済むようになるということです。

 

目の周囲にあり眼球を支えている筋肉が眼輪筋ですが、トレーニングによって眼輪筋を鍛えることにより目の下のふくらみが解消されるのです。
目の下のふくらみが解消されれば、顔の印象が若返り、実年齢よりも年上に見られることもなくなるでしょう。

 

目の下のふくらみを解消するトレーニングのやり方

目の下のふくらみを解消するトレーニングを行うには、中指と人差し指の腹を利用します。

 

まず始めに、目頭を中指で押さえ、続いて人差し指で目尻を押さえます。
このときに力を入れ過ぎてしわを作らないように注意しましょう。

 

そして、目頭と目尻を押さえた状態でおでこを見るようにして目を上に向けます。

 

そのままの状態を維持したまま、下まぶたを上げるように力を入れてみます。
力を加えた下まぶたが振動しているのが中指と人差し指を通してわかると思います。

 

この下まぶたに力を入れる、力を抜くという一連の動作を合計10回行います。

 

一連の動作を10回繰り返したら、40秒間動きを止めます。

 

通常は朝と夜の2回、早く効果を得たいという方は1日3回行ってもいいかもしれません。
根気強く継続すれば、早い人なら2週間程度で目の下のふくらみの状態に変化が現れるでしょう。

 

目の下のふくらみを解消するにはアイクリームを利用する方法も

いかがでしょうか。
目の下のふくらみを解消するトレーニングを紹介しました。

 

このトレーニングを1日2回、毎日続けるのは大変だと感じる人もおられるかもしれません。

 

その場合は、アイキララなどのアイクリームで目の下の皮膚のハリや弾力を回復させるという方法もあります。
アイキララは値段も手頃ですし、返金保証もありますから気軽に試してみてはいかがでしょうか。

 

 

↓↓アイキララ公式サイト↓↓

 

目の下のふくらみの解消法