目の下のふくらみができる原因をくわしく解説

目の下のふくらみができる原因を知りたい!!

目の下のふくらみって年齢を重ねるごとに気になってしまいますよね。
そんな目の下のふくらみを何とか改善・解消しようと、毎日マッサージしたりエステサロンに行ったり高額な化粧品を買ったりといろいろな対策をされている方も多いのではないでしょうか。

 

目の下のふくらみができてしまう原因を解説したいと思います。

 

顔の筋力が弱くなることが主な原因

歳をとると顔の筋肉の力が低下していきます。
そのため顔の筋肉や頭皮が顔の皮膚を引っ張り続けることができなくなり、目の下がたるんでしまうことになるのです。
そして、年齢を重ねることにより体内のコラーゲンが減ってしまい、顔の皮膚のハリや弾力が失われていくことも目の下がたるむ要因の一つです。

 

さらに、歳をとると、体全体でも特に薄い目元の皮膚がさらに薄くなってしまいます。
このことにより皮膚の弾力を維持する部分が劣化してしまうのです。
そうして細胞がふくらんでいき、目の下のたるみが目立つことになります。

 

そもそも人間の筋肉は20代後半から少しずつ劣化していくので、体のいろいろな部分の皮膚でたるみが現れます。
自分で目に付くのはひじやひざの皮膚のたるみですよね。
こういったたるみを見つけて、自分の年齢を実感してしまう、という方も多いのではないでしょうか。
目の下のふくらみを作り出してしまう目の下の皮膚のたるみは、筋肉の衰え以外にも要因があるのです。

 

体脂肪や骨のゆがみも要因となる

体脂肪の量は人によって異なりますが、目元にある脂肪(眼窩脂肪)の量もまた人それぞれです。
歳をとってくると眼球を保持している眼輪筋やじん帯、そして表情筋の衰えによって眼球の位置が下に落ちてきて、眼窩脂肪が眼球に押されて前に飛び出す形になってしまいます。
そして、この眼窩脂肪が多い人ほど、目の下のふくらみがはっきりとわかる状態になるというわけです。

 

また、歳をとるにつれて大部分の人は骨にずれが生じ、頭部の形状なども変化していきます。
この影響で顔にしわができたり目の下がたるんでしまったりということもあります。
これらを原因とする目の下のたるみは、根本的な原因である骨のゆがみを元に戻さないことには改善できないのです。

 

これらのような目の下のふくらみやたるみの原因を知ることで、その対策として何をすればよいかということがはっきりします。
顔の筋肉の衰え対策としては、顔のエクササイズやマッサージなどが役に立ちそうです。また、顔の脂肪の増加を防ぐためには毎日の食生活を見直してみるといいのではないでしょうか。
骨のゆがみが原因かもしれないと心配ならば、医療機関で検査してもらうべきでしょう。
そして、低下した顔の皮膚のハリや弾力を取り戻すためには、アイキララなどのアイクリームを利用するが手軽で効果的ですよ。

 

 

↓↓アイキララ公式サイト↓↓

 

目の下のふくらみの解消法