目の下のふくらみを解消 老け顔・疲れ顔をどうにかしたい

老け顔や疲れ顔に見られてしまう目の下のふくらみ

実際の年齢より上に見られてしまったり、疲れているように見られてしまう原因となる目の下のふくらみ。
ふくらみによって目の下に影ができた状態を黒クマといいますが、黒クマはお化粧などで隠すことができないので困ってしまいます。
このやっかいな目の下のふくらみに頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

 

この目の下のふくらみは年齢を重ねることによって目立つようになってきますが、早い人だと20代後半からふくらみが現れる人もいるようです。
時間の経過によって確実に目の下のふくらみははっきりとしたものになっていきますから、若いうちからの対策が重要となるのです。

 

目の下にふくらみができてしまう原因

そもそも、なぜ目の下にふくらみができてしまうのでしょう?

 

年齢を重ねると眼球を支えている眼輪筋が衰えてしまい、眼球がその重みによって下がってきてしまいます。
すると眼球のクッションの役割を果たしている眼窩脂肪が眼球に押されて前に出てきてしまいます。
こうして目の下がふくらんでしまうのです。

目の下のふくらみを解消するには

では、この目の下のふくらみを解消するにはどうしたらいいのでしょう?
これには大きく分けて「エクササイズによって眼輪筋を鍛える」方法と、「衰えてしまった目の下の皮膚のハリや弾力を回復させる」方法、そして「専門の病院での治療」という方法があります。

 

エクササイズによって眼輪筋を鍛える方法

以下のようなエクササイズが知られています

 

  • 頬骨の少し上あたりを人差し指で押しながら目を閉じたり開いたりします。
  • 目を閉じたまま5秒間眉毛を上げ、5秒たったら眉毛を下ろします。
  • この動作を3回行います。

     

     

  • 目の端を指で押さえて斜め上に引っ張りそのまま5秒間を目を閉じます。
  • 次に同じように目の端を指で押さえ斜め下に引っ張り5秒間目を閉じます。
  • 上まぶたを指で持ち上げ、その状態で下まぶたを引き上げて5秒間目を閉じます。

 

衰えてしまった目の下の皮膚のハリや弾力を回復させる方法

目の下の皮膚のハリや弾力が失われてしまう原因は、表皮の下にある真皮の大部分を占め水分を保つ働きをしているコラーゲンが老化のため水分を保持できなくなるからなのです。
このため、コラーゲンの働きを助け水分を補う必要があるわけです。
そのために効果があるのはビタミンC、FGF、レチノールなどが配合された化粧品を利用することです。

 

ちなみにコラーゲンは食べたり塗ったりしてもそのまま吸収されることはないので、コラーゲン入りサプリやコラーゲン入り化粧品は使ってもあまり意味がないということになります。

 

専門の病院での治療

美容外科での手術で目の下のふくらみの原因である眼窩脂肪を取り除く手術を受けることができます。
料金は多くの病院で¥10万〜となっているようです。

続けやすい目の下のふくらみの解消方法は

このように目の下のふくらみを解消するにはいろいろな方法があります。

 

エクササイズによって眼輪筋を鍛える方法はお金がかからないのでいいのですが、やっぱり毎日やるのは大変かもしれませんね。
仕事とか家事とかに手一杯で気がついたらやるのを忘れてた!なんてこともありそうです。

 

手術は手間はかかりませんが、やっぱり料金が…。
それに自分の顔にメスを入れるのはちょっと怖い、という気もしますよね。

 

そうなると一番手軽に行える目の下のふくらみを解消する方法は、コラーゲンの働きを助け水分を補う化粧品を使う、ということになるのではないでしょうか。

おすすめの目の下のふくらみ解消化粧品はアイキララ

そのための化粧品はいくつかあるのですが、おすすめは「アイキララ」です。

 

ビタミンC誘導体の一種であるMGAが配合されており、この成分がコラーゲンの働きを助け目の下の皮膚のハリや弾力を取り戻すのに役立つのです。
また、コラーゲンが持つ栄養素を皮膚の内部に留める働きもあるので、その結果、目の下の皮膚は栄養素や潤いを逃すことなくハリや弾力をキープし続けることができる、というわけなのです。

 

ネットでよく広告を見かけるのでご存知の方もいると思いますが、実はこのアイキララ、スーパーやドラッグストアでは購入することができません。
そのうえ、ネットでも楽天市場やAmazonなどでは販売されておらず、公式サイトのみで購入することができます。
現在、相当な人気商品となっており、なんと1日300個限定での販売となっています。
発送は定期購入優先となっており、もしも運が悪ければ購入できない日もあると聞きます。

 

気になる値段ですが、

  • 単品購入 2,980円(税別)
  • いつでもやめられる「お試し定期コース」 2,682円(税別)
  • 3ヵ月ごとに届く「基本コース」 7,599円(税別)/1本あたり2,533円(税別)
  • 3ヵ月ごとに4回に分けて届く年間購入コース(4分割払い) 合計28,608円(税別)/1本あたり2,384円(税別)

となっています。

 

本当に効果があるの?と思われる方もおられるでしょうが、アイキララには実際に使ってみて満足できなければ代金を全額返金するというサービスがあります。
もしも気に入らない、または効果がなかったということであってもお金を損することがないのはいいと思いますよ。

 

エクササイズよりも簡単で手術よりはずっと安いですから、気軽に試してみてはいかがでしょう。

 

 

↓若々しい目元を↓

↓取り戻すことができた秘密はこちら↓

目の下のふくらみの改善で即効性のある方法は?

目の下にふくらみができてしまう原因は、加齢のため眼輪筋が衰え下がってきた眼球がクッションの役割を果たしている眼窩脂肪を押し出すことによるものです。
押し出された眼窩脂肪を元通りにする方法はないのでしょうか?

 

皮膚のハリを回復させることで眼窩脂肪を元に戻すことは可能です。

 

加齢によって目の下の皮膚が蓄えている水分やコラーゲンなどは徐々に減少していき、皮膚は乾燥して弾力を失ってしまい、眼窩脂肪に押されてふくらみができてしまいます。
そのふくらみが作り出した影がいわゆる黒クマなのです。

 

保湿に力を入れたりコラーゲンなどの肌のハリやツヤを取り戻す成分をアイクリームなどによって補ってあげれば、目の下のふくらみを改善することも可能でしょう。

 

ただ、目の下のふくらみは年齢とともに少しずつ大きくなってきたものです。
アイクリームを利用した方法は即効性は期待できませんから、どうしても改善までに時間がかかってしまいます。
そうかといって、放置しておくと目の下のふくらみは大きくなってしまいますから、毎日のお手入れとしてやっておくことが望ましいです。

 

 

目の下のふくらみ改善に即効性を求めるのなら、やはり専門の医療機関で手術を受けるということになるでしょう。

 

眼窩脂肪を皮膚を切って、あるいは眼球内膜から吸引することにより除去して、目の下のふくらみを改善するというやり方です。

 

手術は1日で終了し、入院などの必要はありません。
また、体へのダメージも心配するほどではないようです。

 

といっても、もちろんこういった手術は保険適用外ですから料金も相当なものとなりますし、手術を受けたからといって、目の下のふくらみが以後全くできなくなるということもないのです。
手術による方法は即効性は高いですが、手術を受けた後にケアが不要になるということはないのです。

 

 

手術に頼らずに目の下のふくらみを改善しようとすれば、日々のケアが大切になります。
アイクリームや目元対策の美容液などで、目の周りの水分補給を行ったりコラーゲンなどを補ったりすることで肌のツヤやハリを回復させて眼窩脂肪を押し返し、目の下のふくらみを作り出さないようにしましょう。

 

眼窩脂肪を元に戻そうと、目の下のふくらみを押したりするのはやめておきましょう。
目の下の皮膚は体の中でも特に薄い部分ですから、傷つけないよう気をつけてケアするようにしたいですね。

目の下のふくらみが片方だけ目立つのはなぜ?その対策は?

老け顔や疲れ顔に見られてしまう原因となる目の下のふくらみ。
この目の下のふくらみの大きな原因は加齢によって眼輪筋が衰えて眼球の位置が下がり、眼球のクッションとなっている眼窩脂肪が押されて前に飛び出してくることです。

 

そんな目の下のふくらみが片方だけ目立つ、ということで悩まれている方もおられるかもしれません。
どうして片方だけ目の下のふくらみが目立つようになってしまうのでしょうか?

 

目の下のふくらみが片方だけ目立つのは毎日の生活習慣が原因

その原因として無意識のうちに行っている毎日の生活習慣が考えられます。
例を挙げると、「食事の時に、片方だけで噛む癖がある」「夜眠るときにいつも同じ方向に横を向いている」「通勤や仕事で長時間立っている場合、いつも左右どちらか一方に体重を預けている」「デスクワークの仕事中に長時間頬杖をついている」「重たいバッグをいつも左右どちらか片方の肩にかけている」などがあります。

 

そのほか、「仕事で車を運転する時間が長い」ということも考えられます。
紫外線は肌を老化させる力が非常に強いことが知られていますから、車を運転する時間が長く顔の右側の目の下のふくらみが目立つという方は要注意です。

 

上に挙げたようなことが思いあたり片方の目の下のふくらみが目立つという場合には、日常生活の中で意識して左右のバランスをとるようにしましょう。

 

「食事の時は食べ物を両側でバランスよく噛む」「夜眠る時は仰向けに寝るようにする」「長時間立っている時は、体重を預ける方向を時々変えてみる」「頬杖はつかない」「重たいバッグは左右両方の肩に均等にかけるように意識する」、そして、車を運転する時間の長い方は「車の窓ガラスに紫外線をカットするフィルムを貼ったりお肌のUVケアに力を入れたりする」などの対策が考えられます。

 

加えて、当サイトでも紹介している眼輪筋を鍛えるための目を閉じたり開いたりするエクササイズを行うことも効果があります。

 

目の下のお肌の保湿も忘れずに

そして、年齢を重ねるにしたがって目の下のお肌は水分を保つことができなくなり、ハリや弾力が失われ目の下のふくらみができる要因となります

 

こちらの対策としてビタミンC、FGF、レチノールなどが配合されたアイクリームで目の下のお肌の保湿を行うとよいでしょう。

 

おすすめはアイキララです。
お手ごろな価格で全額返金保証もついていますから人気商品となっています。

 

片方だけでも目の下のふくらみが目立つようになったら、もう片方が目立つようになる前に早めに対策するようにしたいですね。

 

 

↓若々しい目元を↓

↓取り戻すことができた秘密はこちら↓

目の下のふくらみをメイクで隠して注目させない方法とは

パッと見の年齢を大きく引き上げてしまう目の下のふくらみをなんとか改善したいと考えている方は少なくないでしょう。

 

目の下のふくらみを自分で改善しようとするとかなり時間がかかります。
美容外科クリニックで手術を受ければ時間はかかりませんが、高額な費用が必要となります。

 

そこで、とりあえずの見た目を改善するために、メイクで目の下のふくらみを隠すという方法もあります。
ここでは目の下のふくらみを隠すメイクのやり方をお伝えしたいと思います。

 

目の下のふくらみを隠すメイクとは

まず、洗顔の後、化粧水・美容液で顔の保湿をしっかりと行います。

 

次にリキッドタイプのファンデーションを顔に塗っていきます。
厚塗りにならないようにスポンジなどを使って薄く伸ばしていくようにしましょう。

 

次に肌の色より2トーンくらい明るめのコンシーラーを両目の目頭の下の部分、目尻の3分の1程度の範囲、目の下のふくらみの下にある影になっている部分に塗っていきます。
この時に注意したいことは、目の下のふくらみの部分にはコンシーラーを塗らないこと、そして、塗るときは強くこすったりしないように指の腹などを使ってぼかすようになじませるということです。

 

最後にパウダーファンデーションをスポンジではなくブラシを使ってふんわりとつけていくようにします。

 

続いてポイントメイクとして、アイシャドウ、アイラインを使い、まつげにマスカラを塗ります。
アイシャドウは濃いブラウン系、アイラインは黒やブラウン系がおすすめです。

 

このようにして目元の印象をはっきりさせることにより、目の下のふくらみから他人の視線をそらすことができます。

 

目の下のふくらみそのものを改善するなら

いかがでしょうか。
目の下のふくらみは立体的なものですから、メイクで隠すことなんてできないと思われがちですが、実はじゅうぶん可能なのです。

 

けれど、欠点としては時間がかかることがあります。
ただでさえ時間のない朝に、念入りなメイクを毎日行うのは大変ですよね。

 

できればメイクで隠すのではなく、目の下のふくらみの状態そのものを改善できれば、それがベストなのではないでしょうか。
そのためには時間はかかりますが、アイクリームなどで毎日ケアを行うのが一番です。

 

アイクリームを選ぶなら、効果を実感したユーザーの多さから現在人気No.1となっているアイキララがおすすめです。
いつでもやめられるお試し定期コースを利用すれば通常価格の10%オフの2,682円(税別)で購入でき、そのうえ全額返金保証サービスもありますよ♪